個性豊かなワインが話題のシャブリをあらためて味わってみたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。それでは人気フランスワイン シャブリの味わいに迫ってみましょう。

人気のシャブリの味わいの魅力とは?

シャブリはブルゴーニュ地方にあるシャブリ村で生産されています。
ブルゴーニュといえば、ボルドーと並ぶフランスの二大ワイン産地です。
ワイン初心者の頃には、産地の気候風土や土壌の特徴というものが今ひとつ分かりづらいために、
ネームバリューで選んでしまいがちですが、人気のシャブリってどんな味のワインだったかな?という方もいらっしゃるかもしれません。
シャブリはブルゴーニュ産のワインなので、ブルゴーニュワインのぶどうは1種類のみ(単一品種)から造ると決まっているため、シャブリはシャルドネのみから造られるワインということになりますね。

シャブリはどんな味わい?特長は?

シャブリの特徴はなんといっても「鋭い酸味」でしょう。
冷涼な地域で製造されるので、キリッとしっかりした酸味が作られます。
同じシャブリでも、造られる場所の日照条件やブドウが造られた土壌によっても大きく味わいが変わってきます。
また、古代は海だった、後期ジュラ紀(1億4千万年前)のキメリジャンという石灰質の土壌で、その土壌で栽培されたブドウにはミネラルがたっぷり!すっきりとした飲み心地を提供してくれます。
一方、ポートランディアンと呼ばれる石灰・粘土層の土地もあり、この地層からはフルーティーなシャルドネを生み出す力があり、丘の上の涼しい気候で切れの良い酸味を併せ持つ凛としたワインを生み出します。
キレが良く爽快な味わいのシャブリですが、新樽の香りをつけるか否かで論争が続いているそうです。
慎重に樽香をつける作り手もいれば、シャブリのキレと味わいを残すためあえて樽香をつけない醸造法の造り手もいるようで、奥が深い世界ですね。

例えば、人気のシャブリはいくら位のものがありますか?

日本人が好む白ワインのイメージの強いシャブリですが、インターネットで数多くの銘柄を目にすることで選択肢が広がりました。
イオンではシャブリが本体価格1,780円から、また人気のシャブリは2,000円台から購入可能
お手頃な一本から試されてみて、お気に入りのシャブリをみつけてみませんか?