シャブリの有名なドメーヌに、「ウィリアム・フェーヴル」があるそうなのですが、一体それはどんなドメーヌなのでしょうか。シャブリのウィリアム・フェーヴルについて探ってみましょう!

シャブリの「ウィリアム・フェーヴル」とは?

ウィリアム・フェーヴルは、シャブリ最高峰生産者です。
三ツ星のラヴノーやドーヴィサは木樽を使うことで個性のある素晴らしいワインを造り出していますが、ウィリアム・フェーヴルではあえて「シャブリらしいフレッシュ感とミネラル」を生かすため、醸造に新樽は使用していません。
シャブリのお手本ともいえるクリーンでフレッシュさあふれるシャブリを造るドメーヌ(ワイナリー)です。
ワインのお値段は最高峰でありつつ、手が出ないほどには高くなく、3,000円台からと手が届きやすい価格となっています。

ウィリアム・フェーヴル、その歴史は?

ドメーヌは1850年頃に設立され、1950年にウィアム・フェーヴル氏が相続しています。
以来、シャブリ随一の造り手として名声を博してきました。
牡蠣殻のキンメリジャン土壌ではないエリアに対して、シャブリ呼称を拡大しようとする動きに異議を唱えたり、新大陸で作られた白ワインのへの「シャブリ」名称の濫用を提訴したりと、原産地呼称の保護に大いに貢献しました。
そんなウィリアム・フェーヴルですが、活動とは裏腹に後継者には恵まれず、1998年にその望みと畑を引き継いだのが、現オーナーのジャオセフ・アンリオ氏です。
フェーブルの畑は売却に際し16もの買い手が名乗りをあげた程、垂涎の的となったのでしたが、フェーブル氏はブルゴーニュの名門ブシャール・ペール・エ・フィス社の改革に成功していたアンリオ氏にドメーヌの将来を託しました。

ウィリアム・フェーヴルのシャブリの醸造はどのように?

醸造責任者はブシャールの醸造チームの中でも早い段階から実力を認められていた、若手のディディエ・エギュエ氏が抜擢されました。
ディディエ・エギュエ氏はシャブリでは一般的な機械収穫から、ブドウの実の手摘み方式に切り替えました。
現在は、所有畑を80もの区画に分類し、それぞれに収穫日と最適な醸造方法を決定し、熟成までを個別管理しています。
契約栽培のブドウからなるシャブリACのワインにおいても、買い酒を一切行わず、厳選した契約農家からのみブドウ果または果汁で購入し、醸造も自ら全て手がけています。