フランスの白ワイン シャブリを好まれる方はどのように銘柄を選ばれるでしょうか。そんな中ルイ・ラトゥール社のつくるシャブリも話題のひとつです。それはどんな味わいを持つシャブリなのでしょう?味わいの特長について迫ってみましょう!

コルトン・シャルルマーニュの生みの親!ルイ・ラトゥール

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営のブルゴーニュを代表するワインの造り手です。
ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。
今やコート・ドールで最大規模のグラン・クリュを所有しており、コルトンの帝王と称されています。
ルイ・ラトゥール社のつくるシャブリは、新鮮な果実と白い花の香りで、いきいきとすっきりとした味わいが特長です。
また、良質なシャブリは比較的お値段が高めであることからも、通常の750mlのボトルを選ぶのに躊躇するようなときは、ルイ・ラトゥール社のシャブリはハーフサイズのボトル375mlも多く取り扱っていることも特長で、ワインやシャブリにあまりなじみのない方にも、少量からシャブリの味わいを楽しめるのでおすすめです!

フローラルな雰囲気と果実の香りにヴァニラ・クリームのようななめらかな味わいのシャブリ

【ハーフボトル】ルイ・ラトゥール・ブルゴーニュ・シャルドネ
ルイ・ラトゥール(Bourgogne Chardonnay)
本体価格 1,480円 (税込価格 1,598円)

日当たりのいい白亜質土壌の畑から厳選したシャルドネを使って、リッチでバランスに優れたクラシックタイプのシャブリです。
お花の香りのようなフローラルな雰囲気と果実の洗練された香りにヴァニラ・クリームのなめらかさを足したような味わいは、さまざまな素材を使ったオードブルや、魚介類のメニューにぴったりです。
果実の甘味と酸味が調和した繊細な1本です。